2013フランス9・モンサンミッシェルへ

パリ滞在3日目は、ワンデイツアーでモンサンミッシェルへ・・・。憧れのモンサンミッシェル、一度は訪れてみたいところでした。生憎あまりはっきりしないお天気で、画像は私の腕を抜きにしてもぼやけています。でもたまにポツポツと来る程度でひどい雨にならなくて良かったです。
f0102800_20495882.jpg
f0102800_2133290.jpgパリからモンサンミッシェルまではバスで4時間程。パリを8時半に出発して、ちょうど昼食時に到着しました。修道院の見学前にまずは腹ごしらえ、モンサンミッシェル名物のオムレツをいただきました。長時間泡立てた卵をゆっくりじっくり火を通すと、外は固まっているのに中はとろーりのスフレオムレツの出来上がり!シードルでいただくランチは実にうま~い!
f0102800_2113456.jpgf0102800_2114819.jpg
f0102800_20501074.jpg普通はお店が続くメインロード、グランド・リュを行きますが、慣れたガイドさんでスッと横道に入りました。この階段を行くのが近道だそうです。
f0102800_20502039.jpg11~12世紀にかけて造られた身廊はロマネスク様式、奥の内陣と後陣は100年戦争後16世紀のゴシック様式で再建されたものだそうです。長い歴史の重みを感じます。
f0102800_2050319.jpg修道院の最上段に作られた回廊。かつては祈りと瞑想の場として、祝祭日には礼拝の行進が行われたそうです。
f0102800_20504414.jpg海を見渡すことができる西のテラス。
f0102800_2171488.jpgフランス革命後、牢獄に使用されていた時は、教会内にある大滑車で食料を上げていた場所だそうです。
f0102800_2175417.jpg修道院のステンドグラスは、とても地味で淡い色合いです。
f0102800_218540.jpg
f0102800_20505745.jpgブティック・ラ・メール・プラールは王の門を入ってすぐのところ、いつも賑わっています。名物のスフレオムレツは19世紀半ばに宿屋を始めたプラールおばさんが生み出したものです。
f0102800_20511337.jpg見学の途中で見かけたアプリコットのバラ、清々しい美しさは修道院に似合っています。
最高の天候の時にプロが撮った画像ほどの景色ではありませんでしたが、しっかり肉眼に焼き付けました。やっぱり来て良かった!
[PR]
by nonohana33 | 2013-07-08 18:42 | 2013フランス
<< 2013フランス10・オンフルール 2013フランス8・バスティー... >>