イギリス・2004年秋 おまけ

ロンドン郊外の住宅街の様子です。

f0102800_2393868.jpg犬の散歩で行った住宅街、日本と違って広々と伸びやかな雰囲気です。そして区域によって家の形が違います。と言うか、同じエリアは同じ形の家が建ち並んでいます。日本人の感覚だと不思議な感じがします。時代によって家の建て方が違うからだそうで、家の形を見ると住宅のできた時代がわかるそうです。f0102800_2313622.jpg


と言うことはその時代時代に立てられた家がそのまま使われているのです。やはり日本人には理解しにくいことです。でも町並みは統一された美しさがあります。
f0102800_23204447.jpg日本のように純和風の家の隣は輸入住宅のアメリカンスタイル、そのお隣は四角いコンクリートの打ちっぱなし、なんていうマチマチで不揃いな雰囲気はありません。
郵便ポストもきっと昔からこの形なんでしょうね。日本でも私が子供の頃はこんな形のポストでした。もう少しもっさりとした感じですが・・・。懐かしくて思わずシャッターを切ってしまいました。
f0102800_23255626.jpg街を歩くといっぱい落ちていたこの実は何でしょう?答えは栃の実です。日本の栃の実と同じかどうかは分かりませんが、とにかくいっぱい落ちています。気をつけて歩かないと上から落ちてきて体に当たるそうです。私が歩いていた時もカッチーンという音がして落ちてきていました。かなりの硬さなので、当たったら危ないです。日本なら危険な街路樹だと問題になるかもしれません。
A先生の話では先生が子供の時、この実に紐をつけて友達とぶつけ合いながら遊んだそうです。
観光も楽しいですが、こんな風に普通の街をのんびり歩くのもいいものです。私にとってはこれも観光ですが・・・。^^

これで、イギリスのお話しは本当にお終いです。

次は、旅に出た本当の目的地イタリアです。こちらをクリックして見てください。2004イタリアの旅行記に変わります。と言っても、2011年8月現在1日目の「ローマ到着」の様子だけしか書かれていません。ぼつぼつ再開しますので、もしかしたらナポリ以降が書かれているかもしれません。
[PR]
by nonohana33 | 2006-04-09 23:44 | 2004イギリス
<< イタリア・2004秋 ローマ到着 イギリス・2004年秋 ウィス... >>