2011夏・南予の旅・内子町

f0102800_14392379.jpg2日目は内子町の散策です。山荘を出て1番に行ったのは道の駅内子フレッシュパークからりです。道の駅でたっぷり農産物を買い込んで向かったのは、内子の町並み。まずは内子座の見学から・・・。内子座の名前を聞いたことがありますが、目にしたのは初めてです。創建は大正5年、その後取り壊しの危機を逃れ、昭和60年から今に至っているそうです。
f0102800_14394113.jpg私はこのような古い芝居小屋を観たのは初めてです。舞台下の奈落には、回り舞台やせり上がりの装置もあり、興味深く拝見しました。昔の装置は、今でも使えるように少しずつ補修されていました。古いものを今風にアレンジすることなく、そのままの姿で現代の芸能を披露する。これが本当の意味の保存なんだと思いました。
f0102800_1440624.jpg内子座のチケットには他に2件見られるセットの件があったので、後の2件も見ることにしました。因みに内子座だけなら¥300、セットなら¥390です。
ここは商いと暮らしの博物館、江戸から続いた商家(薬屋)の大正時代の生活を見せてくれています。人物模型と台詞が流れ、ちょっとリアル過ぎる感じもありましたが、興味深いものでした。
f0102800_14402041.jpgこちらは暮らしの博物館の2階から見た、屋根が続く景色です。私は古い町並みの屋根の続く風景が何とも言えず好きなので、出会う度に思わずカメラを向けてしまいます。
余談ですが、倉敷にもこんな風景があります。次ページの中ほどに画像があります。小さな画像ですが、もしよかったら見てください。f0102800_14403622.jpg
暮らしの博物館を出て、しばらく歩くと八日市護国の町並みにでます。内子は蝋燭の原料の木蝋と生糸で栄えたところだそうです。この先には木蝋資料館 上芳我邸があります。
途中本芳我家住宅の辺り、ちょうどこの画像の場所で、急に雨が降ってきました。通り雨ですぐに止みましたが、知らないお宅の軒先をお借りしました。その間数分ですが、タイムスリップしたような感じがしました。
f0102800_14405944.jpg木蝋資料館 上芳我邸です。
木蝋とは、ハゼの実から作った和ロウソクの原料のことです。私は蜜蝋のことは知っていましたが、木蝋のことはここに来るまで知りませんでした。こうして旅をすると、知らないことに触れることができます。アラ還にして勉強不足の私、まだまだ知らないことがいっぱいあるのでしょうね。旅は少しだけ私を賢くしてくれます。
f0102800_14412275.jpg内子の市街地を離れ、北の方向へ少し山道を車で行くと、屋根付き橋の田丸橋があります。内子には何か所かこういう屋根付き橋があるようです。屋根の役目は、橋の腐食を防ぎ、かつて炭の生産が盛んだったころには、出荷の際の保管場所に利用されていたそうです。のどかな風景です。
最後に訪れたのは、泉谷の棚田です。以前但馬で棚田を見て以来、棚田の風景の魅力に惹かれるようになりました。宿で見た観光ガイドに内子にも棚田があることを知り、訪れました。
f0102800_14414083.jpg
棚田までの道は、運転が下手な者にはちょっと怖い狭い道がところどころにあります。こんな時は我が夫の運転技術に頼らざる負えません。山道ではスピード過剰になることはないので、ある意味安心です。但馬の時ほどではありませんが、結構スリルを感じながら到着しました。目の前には美しい緑の棚田の風景が広がっています。棚田を訪れる人の為に、パーキングスペースも整備されています。棚田を守るためのオーナー制度もあるようで、季節によっては沢山の人が訪れるのでしょうね。
日本の田舎風景、努力して守ってくれる人がいるから、私も触れることができます。のどかな田舎の景色を満喫させてもらった2日間でした。宇和島や内子の方々、ありがとうございました。
内子で出会ったおいしいものは本館ブログおいしいもの大好き♪に書いています。
[PR]
by nonohana33 | 2011-08-21 18:39 | 国内旅行
<< イタリア・2004秋 続き・・・ 2011夏・南予の旅・宇和島 >>