イギリス2002年 ロンドン市内2

バッキンガム宮殿の衛兵交代を見るのに、待ち時間も含めて2時間以上ビクトリア記念碑のところで頑張って、すっかり体が冷え切ってしまった私達。 お昼も過ぎているし、ひとまず腹ごしらえを。義姉が連れて行ってくれたのはかつて日本で俳優をしていた方がお店を仕切っている和食の定食屋さんでした。お店の中はロンドンに居る筈なのに、まるで日本。 ここで、お味噌汁の付いた和定食を食べて、やっと体が温まりました。外人さんが上手にお箸で和食を食べているのには感心した。
昼食後、リバティー、バーバリー、ハロッズなどでウインドウショッピングをして、明日帰る主人がお土産を買うと言うので、ロンドン三越へ。 外国に来てまで和食を食べて、日本のお店で買い物してる私達って?!なんだかな~!でも、買った物のTAXをbackしてくれる手続きも日本語で出来るし、義姉の割引特典も使えるし・・・。 ここだとあちこち行かなくても、おみやげ物はそろうしで捨て難いものがありました。もう1件、JALプラザ。 ここは三越ほどの規模ではないけれど、お土産を買うには便利です。(大分前に閉鎖しました) ここでもちゃっかり義姉の割引特典を使わせてもらっちゃったのです。
ミュージカルのチケットやレストランの予約などもここで手配できるようです。

ロンドン塔
では、もうひと頑張り、今日中にロンドン市内 の名所には行って置かなければ・・・。 私はまだ滞在しているのですけど~。
11世紀、ウイリアム征服王が要塞として築いたところで、歴代の国王によって次々と拡張が繰り返され、十数個の塔とそれをつなぐ城壁、外濠というスケールの大きな古城です。 ヘンリー8世の王妃、アン ブーリンをはじめ反逆者が処刑されたと言う処刑場跡もある。 今は芝に覆われいて当時の面影は無いが、ここで何人もの人が処刑されたと思うと、背筋が寒くなる思いがした。写真を撮らない方がいいと言う義姉の忠告を受け入れて、そこの写真は撮らなかった。(写真に何か写ってたりしたら怖い!)スケールが大きい上に、迷路のようになっていて、 とても短時間では周り切れない。世界最大のダイヤがはめ込まれている「アフリカの星」のあるジュエルハウスにも時間が無くて行けなかった。
エリザベス1世が女王メアリーの命令で、夜陰に乗じて連れてこられたというゲートを見て、当時に想いを馳せ、ちょっとロマンチックな思いに浸ったりもしました。

タワーブリッジ
1894年に完成したロンドンのシンボルの一つの跳ね橋。塔をつなぐ遊歩道からはテムズの両岸の景色が一望できて眺めがいい。
タワー・ブリッジから見たロンドンの街
これで、一日で巡るロンドン市内観光はひとまず終わり。

夕食は、和食の好きな義姉お勧めのお寿司屋さんへ。 チョッといなせな板さんに相手をしてもらいながら、地中海で獲れたというマグロのにぎりなどつまんだ。 
午後8時、そろそろ家路につこうと店の外に出ると、まだ明るい! この季節の日本の夕方4時ごろの明るさでしょうか? 1日、歩き疲れてくたくたになったので、家まではブラック・キャブ(黒くなくてもそう言う)で帰った。乗り心地は日本のタクシーのほうがいいけど、レトロな感じで趣があり、なかなかのものです!ロンドンでは乗車する前に行き先を告げて、行ってくれるかどうか訊くのです。



[PR]
# by nonohana33 | 2018-01-03 19:47 | 2002イギリス

2002年イギリス ロンドン市内

5/5 ロンドン市内
イギリスの田舎を満喫して、いよいよ今日はロンドン市内に繰り出します。夫が明日帰国するため、今日1日で市内を巡ります。 お天気は上々、暖かな日差しも降り注いでいます。「空は青空、口笛吹いて♪」と、出発したのですが、列車がロンドンに近づくに連れて雲行きが怪しい。 案の定、ビッグベンの辺りに来た時にはとても寒くなっていた。それからは雨のために持っていたウインドブレーカーを手放せなかった。イギリスのお天気は気まぐれで、予測が付きません。
ビッグ・ベン
あまりの背の高さに天辺が欠けてしまいましたが、ご愛嬌と言うことで・・・。
やはり、ロンドンにはビッグ・ベンが無いと話が始まりません。
ビッグベンからバッキンガム宮殿への道のりにこんなものを見つけました。私達の世代には懐かしい、ャーチル首相の像。 コートにこうもり傘の姿は定番です。上野の山の西郷さんに似ていませんか?
ウエスト・ミンスター寺院
この日は日曜日で礼拝が行われていて、建物の中には入れませんでした。
この画像も天辺欠けてます。ヨーロッパには大きな建物が多くて・・・。カメラと、技術が物を言います。
ヴィクトリア記念碑
ここで、パレードを見るために1時間以上待って、体の芯まで冷えました。
ロンドンに来たらこれを見ないと!ここには、世界中の人が集まって来ている。長いこと震えながら待った甲斐がありました。やっぱり、ロンドンに来たなあ~!と言う実感が!
バッキンガム宮殿
屋根の上に旗が掲げられている。と言うことは今日はエリザベス女王がいらっしゃるのだ。パレードが終わると一斉に人並みが引いていく・・・。


ここでちょっと脱線です。
f0102800_17450086.jpg












イギリスには1日で四季があると言いますが、この旅行中に何度もそれを実感しました。
この日も兄の家を出る時は快晴で暖かく、気持ちの良い天候でした。
家の最寄りの駅で撮った画像です。今から15年前の私達に注目ではなく、晴れた様子を見てください。
こんなに快晴だったのに、ビッグベンに着いた時は寒風が吹いていました。持っていたウインドブレーカーを羽織りましたが、少しは役に立ったかもしれないくらいの効果でした。
これからイギリスに行かれる方、旅支度には要注意です。



[PR]
# by nonohana33 | 2018-01-03 17:46 | 2002イギリス

2002年イギリス ホワイトクリフ&リーズ城

5/4
ホワイトクリフ(ドーバー付近)
ドーバー海峡を望む海岸沿いに、石灰岩の白い崖が続いている。
以前、兄が来た時に通った道が封鎖されていて、辿り着くのに少し手間取った。
海岸を見下ろす別荘地を抜け、不安を感じるほど狭く急な坂を下りると「ホワイトクリフ」の見える海岸に着いた。
海峡の向こうにうっすらとフランスが見えた。
義姉が「うんなんのドーバー海峡横断部も、この辺の海岸から出発したのよね。」と言った。確か、他に、泳ぎきった方も・・・。私には神業としか考えられません!
*
この海峡、フランスでは「カレー海峡」と言うそうだ。
崖の下をローカル線が走る。残雪のように見えるけど、これも石灰岩。

ここは海岸沿いに遊歩道の公園になっていて、エスカルゴのような大きさのカタツムリがゴロゴロ転がっている。
もちろん食べられません!食いしん坊の私は一瞬だけ食べられるのかと思ったけど・・・。

リーズ城
イングランドでもっともロマンチックなお城、と言われ、ヘンリー8世や中世の王妃様たちに愛されたと言う。
その後、ベイリー夫人というイギリス系アメリカ人の所有であったが、夫人の遺志で財団の所有となった。
広大な敷地には植物園や鳥園、ゴルフコースまであり、1日ゆっくり遊ぶことができるようになっている。
お城の中は、何度も建て増しをしたそうで迷路のようになっているが、貴婦人のお城と呼ばれるだけあって、こじんまりとして明るく清楚な感じがする。
入り口からお城までは1kmあり、昼食のタイミングを逸した私たちは、腹ペコで到着。見学の前に、まず腹ごしらえと、レストランを探したが、それはお城よりまだ遠かった!1パイントのラガービールがどれほどおいしかったかは言うまでもありません。
お城までの道々、こんな光景に。イギリスはいたるところに水辺があり、水鳥が遊んでいるのに、よく遭遇する。
お城のほとりに桜の木にそっくりな木がある。でも、これはアーモンドだそうだ。兄は、絶対桜だといって譲らなかったけど・・・。
この木がアーモンドだと教えてくださったサイトヨーロッパ三昧 へアクセスしてください。満開のアーモンドが見られますよ。



[PR]
# by nonohana33 | 2018-01-03 17:09 | 2002イギリス

イギリス2002年 キューガーデン&カンタベリー

5/3 王立植物園「キューガーデン」 
 ブルーベルの群生 
朝、目覚めたら今日も快晴!兄と夫はゴルフへ、私と義姉はキューガーデンへやってきた。
このブルーベルが一目見たかった! 想像以上の美しさに感激もひとしお!!
ブルーベルはヒヤシンスの仲間で、昔はどこにでも咲いていたのを、持ち帰る人が後を絶たず、最近では家の近くではあまり見かけなくなったということだ。どこの国も同じなんですね。
 


キューガーデンは思っていたより広かった。ブルーベルの群生は大きな森の中にあり、方向音痴の私と私の上を行きそうな義姉は大いに迷った挙句、ここに辿り着いた。実は、堆肥を作っている作業場に迷い込んで、作業員に道を尋ねたりした。きっと、彼はあきれていたに違いないが、とても感じよく説明してくれた。チョッと、イケメンだったな~♡♡♡
その後、セルフレストランに行くのにも右往左往してしまった。が、同じ行動をとっている銀髪のおしゃれなおばあさんがいて、変な安心をしてしまった。
この日の夕食は、家の庭でバーベキュー。けれど、気まぐれなイギリスのお天気、夕刻より厚い雲に覆われ、雨が降ってきた。でも、家の中でグリルで焼くのも味気ないということで、決行!パラソルの下で、カッパを着込んでと言うのも思い出深いものになった。

5/4 南西イングランド カンタベリー
カンタベリー大聖堂はイギリス国教会の総本山。カンタベリーに向かう巡礼者が、様々な話をする「カンタベリー物語」は有名です。


カンタベリーの街は、まるで日本のテーマパークの街並みのようだ!と思ったけど、ヨーロッパの街を模して作っているのだから、当然の話と言えば当然だが・・・。

[PR]
# by nonohana33 | 2018-01-03 16:55 | 2002イギリス

ホームページからのお引越し

別館ブログおいしいもの大好き♪ でもご案内しましたが、私のHP”野のはな通信”を閉鎖するにあたって、3つのエキサイトブログへそれぞれのジャンルごとにお引越しを始めました。
まずは、初めて行ったヨーロッパ、初めてUPしたイギリスのお引越しを開始しました。最初に観光したコッツウォルズを↓のスレッドにUPしました。
2002年のことで、まだデジカメが主流ではない時代、バカチョンと言われるカメラで撮った映像をプリントして、プリンターでスキャナしてHPにUPして作った旅行記です。PCの何やらもわからないまま、我ながらよくやった!と15年ぶりに自分を自分でほめながら思い返しています。
訪問者の少ないブログですが、自分自身の思い出の記録として残したくて、作業しています。

[PR]
# by nonohana33 | 2018-01-03 16:37 | つぶやき

イギリス2002年 コッツウォルズ

5/1私達夫婦は関空11:55発のJAL421便で発つ予定で、10:00に空港へ到着。ところが、掲示板には16:30に変更になっている!!エンジントラブルで、修理に手間取っているとのことらしい。 結局、ロンドンには5時間15分遅れで到着。我が家を出て、24時間も掛かってヒースロー空港に降り立った。

翌朝、目覚めると天気は上々!日本からの移動による疲れなど感じてはいられない。初めてのヨーロッパ!初めてのイギリス!こんなワクワク気分は久しぶりです!いえ、これ程のワクワクは初めてかもしれません。11日間の旅の始まりです♪♪♪

ロンドンに着いた翌日、コッツウォルズからストーンヘンジまで兄の運転で、兄夫婦と私達夫婦の4人でドライブした。
ボートン・オン・ザ・ウォーター

イギリスに来て初めて訪れた所、村の中央に流れる川に水鳥が泳ぎ、大樹がゆったりと風にそよぎ、蜂蜜色したライムストーンの石造りの建物が立ち並んでいる。おとぎの国に迷い込んだようだ。
「イギリスに飽きた人は人生に飽きた人」そこまでの心境にはまだならないが、分かるような気がし始めた。
村のティーハウスでチョット休憩。メニューにクリームティーがある。さっそく注文したが、想像していたものとは全く違う冷たくてボソボソしたスコーンが出てきた。でも、クロテッドクリームはやわらかくて、本当にクリーミー!器にたっぷり入って出てきた。これには少し感動!おいしいスコーンは後日のアフタヌーンティーに期待することに・・・。

ブロードウェイ・タワー

コッツウォルズで2番目に高い丘にそびえる塔。

18世紀に末に建てられたイングランド屈指のパノラマポイントだそうだ。

では、1番高い丘はどこなんだろう?などとどうでも良い疑問が・・・。

丘の上からブロードウエイの村が見える。
画面中央に、ほんのチョット色が薄くなっているところ、木立の向こうにうっすらと見えるんですけど、分かりますか?かつて宿場で栄えた所という話だが、残念ながら、時間が無くて立ち寄ることはできなかった。

この画像でわかるように暗雲が急に立ち込めて慌ててレストハウスに戻ったが、雹がばらばら降ってきた。

チッピング・カムデン

14~15世紀の頃、ウールタウンとして栄えた所。チッピングとはこの地方の古い言葉で「市場」と言う意味だそうだ。

羊毛産業で得た富をつぎ込んで立てられた「ウール・チャーチ」の典型と言われている。

アンティークショップなど、おしゃれで興味深いお店が点在している。1件のアンティークショップに入り、楽しんでいたら、お店の人が戸締りを始めた。どうも、お昼の休憩時には店を閉めるらしい。こんな経験は初めて。イギリスでは良くあることなのか?と思いましたが、兄達も驚いていたのでロンドンではこういう光景に出会ったことが無いのでしょう。
そこで、私達もランチをしに教会に近いパブに入った。古めかしいけれど、感じがいい所で、食事もビールもおいしかった。

セント・ジェームス教会

案内をしているおじいさんが、とても熱心に、義姉に教会の説明をしていた。きっと、聞いてくれそうな人に一生懸命説明するのが日課なのでしょう。

ストーンヘンジ

紀元前3000年頃から約1200年がかりで建造された巨石群。
夫のたっての望みでやって来ました。
果てしなく広がる丘陵の大草原に、この石のモニュメントだけが浮かび上がっているのを見て、太古のロマンが十分に感じられる。
遺跡の大好きな夫は、夢にまで見たストーンヘンジを目の前にして、写真を撮り捲り、目を輝かせて、あの石をどうやって積み上げたのだろうか?としきりに言っていた。







[PR]
# by nonohana33 | 2018-01-03 16:12 | 2002イギリス

冬の沖縄・ニライカナイ~斎風御嶽

国道331号を海に向かい、ニライ橋カナイ橋を通り、知念岬方面へ・・・。
f0102800_20393921.jpg
ニライカナイとは、沖縄地方で海のかなたや海底にあると信じられる理想郷の名称で,来訪神信仰の一つ(コトバンク参照)だそうです。橋と言っても川や海を渡っている訳ではなく、山から海へ降りて行く高架橋と言ったらよいのでしょうか?
f0102800_2040270.jpg
橋の手前のトンネルの上から眺めるときれいだそうで、チェックしていましたが、あっと言う間に通り過ぎてしまいました。残念^^;
f0102800_20401487.jpg
ニライカナイの先には世界遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)があります。
斎場御嶽(せーふぁうたき)は、琉球王朝時代には国家的な祭事が行われてきた沖縄を代表する聖地。その信仰はその後も絶えることなく続いており、現在でも「聖なる空間」として手厚く守られている。(たびらい沖縄参照)
最高聖地とされている久高島を遥拝することができる場所。
f0102800_20403486.jpg
三角形のトンネルは聖域のひとつ、三庫理(さんぐーい)
f0102800_20484574.jpg
祈りの場の一つ
f0102800_2053522.jpg

斎場御嶽を後にし、さあ夜は今回のメインイベントの夕食会です!
[PR]
# by nonohana33 | 2015-02-01 21:20 | 2015沖縄

冬の沖縄・2日目のランチ

ガンガラーの谷を後にして、ニライ橋カナイ橋方面へ・・・。
途中のカフェでお昼休憩は、黒糖工房・青空喫茶八風畑(やふうばたけ)です。砂糖キビ畑の間を行くと、そこはありました。
f0102800_17241440.jpg
とても素朴な佇まい、ナチュラルで雰囲気があります。
f0102800_17242924.jpg
f0102800_17244558.jpg
ビニールハウスの入り口を入ると、黒糖作りの作業場があり、出来立ての黒糖を試食させていただきました。雑味が深い味を出していて、他では体験できないお味でした。
f0102800_17245941.jpg
施設内にはコンテナハウス、デッキ風の展望席など点在して、好みの場所で食事ができます。
f0102800_17252126.jpg
私たちは風を除けて、コンテナハウスを選びました。
f0102800_17253137.jpg
f0102800_17254640.jpg
窓からもナイスビューが望めます。
f0102800_17255842.jpg
ランチは八風畑オリジナルカレー、スパイシーで美味♪
f0102800_17261658.jpg
ドリンクは月桃茶
f0102800_17263128.jpg
デザートは黒糖プリンで・・・。
f0102800_17264738.jpg
サトウキビ畑の先にある海の見えるカフェでのランチは身も心も癒されました。
この近辺にはたくさんのカフェがあり、どこが良いのかわかりません。きっと他も良いところがいっぱいなのでしょう。何しろどこもナイスビューですから・・・。
[PR]
# by nonohana33 | 2015-02-01 17:56 | 2015沖縄

冬の沖縄・ガンガラーの谷

2日目は、南城市方面へ・・・。
まずはガイドツアーを予約したガンガラーの谷へ向かいました。10万年前の鍾乳洞が崩壊してできた谷、古代人の居住跡など今現在発掘調査が行われている場所で、ガイドツアーでなければ入場できません。ガジュマルの大木など神秘的なものを感じさせる場所が点在しています。
f0102800_15333034.jpg
f0102800_16422985.jpg
f0102800_16484532.jpg
ツリーテラスから見えたのは、サトウキビ畑です。この季節は収穫時期だそうです。
f0102800_1650105.jpg
ツアーの最後の洞窟は、日本人の祖先の可能性がある1万8千年前の人類「港川人」が住んでいたのではないかと考えられ、発掘が行われているそうです。
f0102800_16503128.jpg


ガンガラーの谷を後にして、ニライ橋カナイ橋方面へ・・・。
[PR]
# by nonohana33 | 2015-01-15 17:05 | 2015沖縄

冬の沖縄・初日の晩餐

今夜のパーティー会場は、事前にチェックしていた沖縄料理のお店、ゆくい処石畳です。観光客向けと言うより地元の人が利用するお店だと口コミに書いてありました。
ご飯の前に龍潭の向こうにライトアップされた首里城を眺めました。画像良くありませんが、記念に・・・。
f0102800_22244896.jpg

さぁ!まずはオリオンの生ビールでカンパ~イ!
f0102800_2145629.jpg
小さな小鉢で、代表的な沖縄料理が運ばれて来ます。もずく酢、パパイヤのシリシリー、ミミガー、ハンダマの酢味噌掛けetc.
f0102800_21451871.jpg
f0102800_21453561.jpg
島ラッキョウ、ジーマミー豆腐、紫芋とタロイモを混ぜたものはお餅のような食感。
f0102800_2147521.jpg
ラフテー、青ブダイのお刺身
f0102800_2205847.jpg
f0102800_2148544.jpg
豚足、大根などの炊きあわせ
f0102800_21491163.jpg
グルクンのから揚げ
f0102800_21492472.jpg
次から次へ料理が運ばれて来ます。泡盛は自由に壺から注いで呑むシステムです。
f0102800_21505096.jpg
お店はおばあが一人で切り盛りされている様子です。おばあのお店は料理がおいしいのはもちろん、すごく居心地がよく、ついつい飲み過ぎてしまいました。お料理は決まったもの、お酒はどうも飲み放題のの様子で、1人4,000円の支払いでした。途中でストップは掛けられるようですが、グルクンのから揚げは食べたいし、全部いただいてしまいました。
満腹で、アルコールもまわっているのに、とどめにホテルの展望ラウンジで初日の締めを・・・。
f0102800_22337100.jpg
f0102800_21512648.jpg

2日目は南へ向かいます。
[PR]
# by nonohana33 | 2015-01-14 22:13 | 2015沖縄