南イングランド・ライ

ロンドンから帰った翌日、兄夫婦の案内で南イングランドのライの街へ行きました。
f0102800_2146095.jpgイギリスで最も美しい街の一つと言われるライの街は、石畳が印象的な小さな街です。かつての港町で、貿易で栄えた時代もあったそうです。今は海岸線が後退して、港町と言う印象は無くなっています。f0102800_21534954.jpg





旅行前に英会話のA先生に「ライに行く」と言うと、「そんな街があるのは知らない」と言っていました。日本ではガイドブックに紹介されていて、湖水地方とかコッツウォルズほどではないにしても、美しい街として知る機会がありますが、イギリスではあまり知られていないのでしょうか?f0102800_2157413.jpgとにかく、私はガイドブックで見て以来、この街に行きたいと、ずっと思っていましたので、旅行前に兄から「どこに行きたい?」と聞かれて、行きたい場所のリストに入れてお願いしていました。ライはロンドンから電車で約2時間、自分達だけで行くとなると1日がかりです。兄が車で案内してくれるお陰で楽々で行け、帰り道には憧れの「シシングハースト城」まで寄ってくれました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
f0102800_22135955.jpg
↑の画像はイプラ・タワー。海からの敵の侵入を防ぐ要塞の役割を果たし、牢獄としても使われたことがあったそうです。今は街の歴史博物館になっています。
→はセント・メアリーズ教会。18世紀半ばに作られた時計が今も時を告げています。f0102800_22181910.jpg



f0102800_22184356.jpg塔の上に上がるには狭くて急な階段を上がります。階段の横には時計が時を刻んでいます。私達がこの階段を上りきろうとした時、正午を知らせる鐘が大音響で鳴り始めました。屋外で聞けば雰囲気のある音でも真横で、それも鳴ることを知らなかったのですから、どれだけ驚いたか・・・。これも旅の思い出になりました。^^;
f0102800_22322611.jpgお昼になったのでそろそろ休憩、ランチタイムです。この街は私のリクエストなので、私がガイドブックを見て案内する形になっていました。ガイドブックにあったマーメイド・インが近かったので、行ってみることにしました。
f0102800_22385638.jpgここはホテルでもあり、パブ・レストランとしても人気の場所です。
ガイドブックにあったとおり、蔦の絡まる良い雰囲気の建物です。中もとってもレトロな雰囲気で、全員一致で◎の印象です。まずはビールで乾杯!食事もとってもgoodなお味でした。街も素敵、食事も美味、ライの街はこれっぽっちも私の期待を、裏切ることはありませんでした。
f0102800_22414520.jpgf0102800_2241229.jpgf0102800_22421380.jpg
[PR]
by nonohana33 | 2007-06-14 23:29 | 2006イギリス&パリ
<< 南イングランド・シシングハースト城 ロンドン市内・2日目 >>