ロンドン市内・1日目「メアリー女王のバラ園」

パリから帰った翌日、私達夫婦はロンドン市内観光に2人で出掛けました。
時間を有効に使うためと、ロンドンのホテルに泊まりたいという理由で、今度はロンドン市内1泊2日の小旅行です。
前日パリから帰って、すぐにロンドン市内。少し遅めの朝に出発し、昨日と同じウォータールーの駅に向かいます。駅の一時預かりにお泊りセットを預け、身軽になって観光に出発します。
1日目の予定は、「メアリー女王のバラ園」「ケンジントンガーデンズ」「ビクトリア&アルバート美術館」。夜は「ソーホーナイトウォーキングツアー&パブディナー」を予約してあります。
f0102800_20511682.jpg兄の家の最寄の駅で終日使えるワンデイチケットを購入しました。これで1日ロンドン市内の地下鉄&指定のゾーンの鉄道は乗り放題です。6月のイギリスといえば薔薇の一番きれいな季節!午前中が綺麗なので、1番にメアリー女王のバラ園を目指します。
最寄の駅はリージェンツパーク又はベーカーストリート。バラ園はリージェンツパークの中にあります。バラ園に行くにはベーカーストリートの方が近いようなので、ベーカーストリート駅を利用します。シャーロック・ホームズ博物館やマダム・タッソー館も近くにあります。今回はどちらもパスですが、ホームズ博物館の横を通ったので、記念撮影。駅の壁もホームズのデザインです。
f0102800_2141390.jpgf0102800_2143870.jpg









f0102800_21103087.jpg画像はリージェンツパークの案内図。バラ園は左下の池に囲まれた丸い部分です。地図で見ればそんなに広さを感じませんが、それはリージェンツパークが桁外れに広いからで、バラ園もかなりの広さです。


f0102800_21254172.jpg




ベーカーストリート側のゲートから入ると、目の前に池が広がります。広々と気持ちの良い空気が流れています。水鳥が遊ぶのを見ながらバラ園へ向かいます。

今年のヨーロッパは異常気象、暑くて、雨もほとんど降らないため水不足です。見事な薔薇を期待していましたが、薔薇の花は少々くたびれ気味です。それでも6万本の薔薇は精一杯の美しさで私達を迎えてくれました。
f0102800_2137677.jpgf0102800_213862.jpg









f0102800_21401660.jpgf0102800_21403373.jpgf0102800_2141532.jpg






ゆっくりと薔薇を見ながら広い公園を散歩して、日本からの移動、パリ旅行の疲れも癒されるようでした。普段は花にほとんど興味を示さない夫も、薔薇をバックに記念撮影したり、結構楽しんでいました。きっと彼の見る一生分の薔薇のほとんどは、ここで見たのではないでしょうか?^^

薔薇の香りに癒された後は、お腹もすいてきたことですし、ケンジントンガーデンズへ向かいます。
[PR]
by nonohana33 | 2006-11-08 21:49 | 2006イギリス&パリ
<< ロンドン市内・1日目「ケンジン... パリ・2日目「再びロンドンへ」 >>