ユーロスターでパリへ

今回の滞在は6泊6日+5時間、到着は夕方、帰国日は夜のフライトなので、丸々6日使えます。
ユーロスターに乗ってパリに行きたいと言うのが夢だった夫の希望で、着いた日の翌日パリに向かいました。前回ロンドンを訪れた時には「ワンデイツアーでパリに行く!」と言うのを日程も少ないので、ユーロスターを見るというだけで諦めてもらいました。今回は前回よりも日程に余裕があるのでパリに1泊することにしました。f0102800_1573312.jpg
ロンドンのユーロスターの始発駅Waterloo駅です。ユーロスターの構内はまるで国際空港のような雰囲気。改札を通るとまずはセキュリティーチェック、そしてイギリス側のパスポートコントロールを済ませると、今度はフランス側のパスポートコントロールがあります。気軽にロンドン、パリ間を往復するためにパスポートチェックは2ヶ国分を片側の国で済ませてしまうシステムです。
ユーロスターはロンドン~パリ間を最短2時間半で移動します。この日乗った列車は直行便でしたが、イギリス側ではアシュフォード、フランス側でカレーなどに停車する列車もあるようです。因みにガイド役で同行してくれた兄は普段は車でアシュフォードまで行き、車は駐車場に置いて、パリ行きに乗ることが多いそうです。その方がパスポートコントロールもスムーズに通過できるそうです。
ユーロスターではありませんが、ユーロトンネルを通過する列車で、フォークストン~カレー間を車ごと輸送するシャトル列車もあります。途中フォークストンの辺りで車窓からその列車を見ました。イギリス国内では線路の関係からユーロスターはスピードが出せず、普通の列車と変わらないのどかな走り方をします。それでそういう景色も見ることができるのです。
ロンドンを出るとイギリスの田舎の景色、トンネルを出てフランス側ではフランスの田舎の景色、少し雰囲気が違いますが、ユーロスターの車窓からはヨーロッパの田園をたっぷり楽しむことができます。トンネル通過時は印象としては普通の長いトンネルとなんら変わりはありません、ただ「ここは海底」だと思うと、少しわくわく気分が味わえます。^^
f0102800_15583071.jpgパリ駅に到着後、おのぼりさんよろしくユーロスターの前で順番待ちして記念撮影です。モデル希望は夫のみでしたが、兄の命により私も一緒に並んで映ることになりました。こんなのってちょっと恥ずかしいでしょ~!^^;と言いながら、私の姿をブログデビューさせてしまいました。ユーロスターがきれいに写っている写真が他に無かったものですから・・・。ブツブツ・・・・・

f0102800_1228999.jpgパリ側のユーロスターの駅は北駅、映画アメリでアメリがお父さんを訪ねるのに使った駅だそうです。パリの駅と言えばアメリの雰囲気を想像していましたが、この日は(と言っても何時もはどうなのかわかりませんが)とっても人が多く、ゴミゴミとした印象でイメージが少し違っていました。
f0102800_12331262.jpg


そしてこの日は普通でなく暑い日で、地下鉄の切符売り場付近も混雑している上に、もわっとした嬉しくない空気でした。と文句たらたらの私は慣れない自販機に格闘しながら切符を買ってくれる兄を待っているだけだったのです。^^;
スリの横行するという噂の地下鉄の構内は上の駅構内の喧騒とは全く違い、すっきりとしたものでした。結局地下鉄利用はホテルに移動するために乗ったこの時だけでした。
[PR]
by nonohana33 | 2006-07-01 13:09 | 2006イギリス&パリ
<< パリ・1日目「シーフードランチ」 イギリスへ出発 >>